« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

ツール・ド・とちぎ 第1ステージ

UCI2.2 [ツール・ド・とちぎ]
大会公式webサイト→http://www.tourdetochigi.com/
LIVE配信→https://freshlive.tv/roadrace
 

出走メンバー

・吉岡直哉

・下島将輝

・岸崇仁

・柴田雅之

・新城銀二   

 
 17622302_1094275930676400_796654230
【世界遺産の街 日光でツール・ド・とちぎの幕が上がる】

©YUKIO MAEDA/M-WAVE

   
 
◆第1ステージ◆
開催日: 2017年3月31日(金) 10:00~ 
開催地: 日光だいや川公園~足利市総合運動公園
レース距離: 115㎞
ツール・ド・とちぎ第1ステージは、中盤に出来た逃げ集団がメイン集団に約3分の差をつけて逃げ切る展開となりました。
 
レース序盤は、日光から鹿沼までは下り基調ということもあり、ハイスピードで進みます。各チームが抜け出しを図る中、ブラーゼンは前半部分を下島選手、柴田選手、新城選手を中心に対応します。
17622363_1094276040676389_111957430
【まだ雪の残る男体山を背に南下する集団】
©YUKIO MAEDA/M-WAVE

17670675_1094345500669443_183780151
【例幣使街道でのアタック合戦】
©Hideaki TAKAGI

17670414_1094345504002776_343608120
【セカンドエースといえるまでの成長が期待される岸選手】
©Hideaki TAKAGI   


 
レースが大きく動いたのは、40㎞地点にあるKOM(山岳ポイント)。2㎞ほどの峠で14名が先行しますが、ここにブラーゼンはメンバーを送り込むことが出来ません。その後の下り・平坦部分で、先頭集団とメイン集団の差は45秒から1分へと徐々に拡大。

17670757_1094274440676549_335401731
【好調をキープする吉岡選手だが、この日は有力選手のマークを外してしまった】

©YUKIO MAEDA/M-WAVE



先頭にメンバーがいないブラーゼンは、同じくメンバーを送り込めなかったチームと協調して、アシスト選手たちがローテーションを繰り返し追走を試みますが、その差は開くばかり。この日は、先行する小集団のスプリントで勝敗が決することとなります。

17693044_1094345517336108_149570153
【低い姿勢で下島選手が集団をけん引する】

©Hideaki TAKAGI


17571870_1094274547343205_691963870
【アシストとしてメイン集団のけん引に回った柴田選手】

©YUKIO MAEDA/M-WAVE

 
残り10㎞を切ると、先頭集団からは、ブリヂストンアンカー西園選手がアタック。チームメイトの鈴木龍選手のスプリントでも勝負が出来るブリヂストンは良い展開ですが、この抜け出しは、どのチームも許さず。先頭は一つになって残り1㎞を通過しますが、ゴールまでおよそ500mを残したところで、チーム右京のサルバドール・グアルディオラ選手がロングスパート。そのまま後続に4秒の差をつけてステージ優勝を飾りました。


ブラーゼンは吉岡選手が2分54秒遅れた大集団でゴール。21位が最高位となりました。
 
 
ー リザルト ー
 
1位  サルバドール・グアルディオラ(チームUKYO) 2:16’04”
2位  岡篤志(宇都宮ブリッツェン) + 4”
3位  ベンジャミン・ヒル(アタッキ・チーム・グスト) + 4”
21位 吉岡直哉(那須ブラーゼン) + 2’54”
 
第1ステージ全リザルト→http://jcf.or.jp/wp2012/wp-content/uploads/downloads/2017/03/C02-Stage1.pdf

 
 
清水監督のコメント
今日は厳しい展開となりました。14人で形成された勝ち逃げ集団にブラーゼンからは誰も入れず後手を踏むことになりました。上手くいくときもあれば、そうでないときもあります。問題は上手くいかなかったときの修正です。今日の修正点をチームで共有し、明日へ繋げます。日頃から応援してくださる皆様には、チームのメンバーが様々なレース展開を経験して、成長していく姿を応援して頂ければ幸いです。明日も全力で戦いますので、応援宜しくお願いします

2017年3月29日 (水)

ツール・ド・とちぎ レースプレビュー

UCI2.2 [ツール・ド・とちぎ]
大会公式webサイト→http://www.tourdetochigi.com/
LIVE配信→https://freshlive.tv/roadrace
 

出走メンバー

・吉岡直哉

・下島将輝

・岸崇仁

・柴田雅之

・新城銀二   

 
 
 
◆第1ステージ◆
開催日: 2017年3月31日(金) 10:00~ 
開催地: 日光だいや川公園~足利市総合運動公園
レース距離: 115㎞
 


ツール・ド・とちぎ第1ステージは、日光市のだいや川公園をスタートし、鹿沼市~栃木市~佐野市を経て、足利市総合運動公園にゴールする115㎞です。
全体的にやや下り基調のコースですが、中盤からいくつかの峠を越えます。
レース全体の獲得標高は1000mほどと、一見難易度は低く見えますが、風のコンディションによっては、ハードなレースになるでしょう。3日間と短いステージレースでは、初日のタイム差が総合優勝に向けて重要になってきます。ブラーゼンはスプリントの展開、逃げ切りの展開にも対応すべく攻撃的なレースを目指します。
  

 
 
◆第2ステージ◆
開催日: 2017年4月1日(土) 10:00~
開催地: グリーンパークもてぎ~道の駅那須高原友愛の森
レース距離: 102㎞
 
第2ステージは、茂木町をスタートし、那須烏山市~那珂川町~大田原市~那須塩原市を経て那須町の「道の駅 那須高原友愛の森」にゴールする102㎞です。
第1ステージで南下した選手たちは2日目は那須高原を目指し北上します。登り基調102㎞のコースは獲得標高1400mと今大会最大となりますが、クライマー系の選手にアドバンテージのある距離の長い登坂はなく、集団ゴールになる可能性もあります。ゴール前はやや登り基調になっており、集団スプリントになっても吉岡選手がゴールを狙えます。
なんといっても、ホームタウン「那須町」にゴールするステージですので、ブラーゼン選手たちのこのステージにかける想いは並々ならぬものがあります。

 
 
 
◆第3ステージ◆
開催日: 2017年4月2日(日) 10:10~
開催地: 矢板市役所~宇都宮市清原中央公園
レース距離: 103㎞
 
 
第3ステージは矢板市役所をスタートし、栃木県県民の森への登坂が最初のポイントとなります。序盤に山岳ポイントを越えた後は、塩谷町~さくら市~那須烏山市~高根沢町~芳賀町~市貝町を経て宇都宮市にゴール。最後はJプロツアー開幕戦でお馴染みとなった清原中央公園で3日間の戦いに幕を下ろします。序盤の山岳を越えた後は、ほとんどが平坦なコースですが、この季節は強い風が吹くこともあり、総合優勝の行方は最後まで分かりません。


 
各ステージとも、長めの山岳ポイントがなく、クライマーというよりは、スプリンター・パンチャー系の選手がステージ優勝に絡んで来るようなコースとなっています。ブラーゼンは吉岡選手の総合上位も狙いつつ、各ステージで積極的にアタックを仕掛け、区間優勝をメインターゲットに3日間の[ツール・ド・とちぎ]を戦います。

2017年3月20日 (月)

宇都宮ロードレース

A21i0095 

©YUKIO MAEDA/M-WAVE

 

[3/19宇都宮ロードレース]

開催地:     栃木県宇都宮市大谷町909

レース距離:  パレード走行6㎞+6.4㎞×11周 76.4㎞

スタート時刻:  12:30

出走メンバー

・吉岡直哉

・下島将輝

・岸崇仁

・柴田雅之

・新城銀二

(西尾選手は故障調整中)

 

A21i9973 
【吉岡直哉がチームにJプロツアー初優勝をもたらす】

©YUKIO MAEDA/M-WAVE

 


初開催となる宇都宮ロードレースは、ジャパンカップで使用されるコースの一部を使った厳しいコースプロフィールによって、サバイバルなレースとなりました。

ゴール地点は「鶴カントリークラブ」前、最大勾配16%の登坂・通称"鶴の壁"

ブラーゼンは、この厳しい登りゴールに吉岡選手を良いポジションで送り込むため4名の選手がアシストに回ります。

 
A21i9092
【この日も献身的な動きを見せる柴田選手】

 

各チームが登りで主導権争いのアタックを仕掛けるなか、前日のクリテリウムでも積極的な走りを見せていた柴田選手や、成長著しい新城選手が序盤の動きに対応します。エース吉岡選手は様子をみながらも有力な選手のアタックには自らチェックに入り、これを岸選手がサポート。
 
 

A21i8953

【新加入の岸選手がこの日重要な役割を担った】

©YUKIO MAEDA/M-WAVE

 

登りでいくつか抜け出しがありながらも、その後の平坦・アップダウンで吸収という展開を繰り返し、集団は少しづつ人数が絞られていきます。

 
 
決定的なアタックが決まらないまま残り3周になると、集団前方はマトリックスパワータグと宇都宮ブリッツェンが固まり、勝負所へ向けた緊張感が高まります。

 
 
残り2周になると、自身の適正コースではないながらも的確なタイミングでチームの為に動いた下島選手と、序盤からのアシストを務めた新城選手が仕事を終えます。

 

A21i9593 

【マトリックスやブリッツェンなど有力チームの動きに対応する下島選手】

©YUKIO MAEDA/M-WAVE

 

A21i9652

【厳しい登りコースでも19歳の新城選手はしっかりと仕事をこなした】

©YUKIO MAEDA/M-WAVE

     
残り2回となった登坂区間"鶴の壁”でブリッツェンが隊列を組んでペースアップ。集団は崩壊しますが、この動きには吉岡選手がしっかりと対応。一時、先頭は有力選手10人ほどに絞られますが、登りが終わると先頭はけん制し、20名ほどの後続集団が追いつきます。この後続集団から岸選手が吉岡選手に追いつき、最後の登坂まで吉岡選手をサポートします。

 

 

 A21i9234
【前方で連携して動く岸選手と吉岡選手】

©YUKIO MAEDA/M-WAVE


岸選手のサポートを受けた吉岡選手は、マトリックスパワータグと宇都宮ブリッツェンのけん制の隙をついてゴール手前300mからスプリントを開始。他の選手がインナーギアを使う中、アウターギアのままでゴールまで踏み切った吉岡選手が、他の追随を許さず見事優勝。嬉しいJプロツアー初優勝をチームにもたらしました。

 A21i99411
【吉岡選手会心のガッツポーズ】

©YUKIO MAEDA/M-WAVE

 

吉岡選手のコメント

ラストは展開としても理想通りとなり、予定通りすこし早めに自分の力を信じてスプリントを開始しましたゴールまでの300mはとてつもなく長く感じましたが、沿道のブラーゼン旗に勇気を貰い、ブラーゼンを応援してくださってる皆様に力を貰い、最後の頂上までもがききる事ができました。

チームメイトがいなければ今日のレースはうまく運ばなかっただろうし、僕は勝てませんでした。
チームの勝利、ブラーゼンを支えてくださっている皆様の勝利です!!栃木で初優勝できてよかったです

 

清水監督のコメント

チーム設立5年目にしてJ PRO TOURで初優勝できました!

常日頃応援して頂いている皆様方に優勝のご報告ができることを嬉しく思います。
ただ、これで終わりではないです。
この勝利を起爆剤とし2勝、3勝と勝利を重ねていきます。
選手は今日からトレーニングを行なっており、次戦のツールドとちぎに向けて気持ちを切り替えています。シーズンは始まったばかりですので今後とも変わらぬ応援を宜しくお願いします

8p7a5764    

©YUKIO MAEDA/M-WAVE

 
 

2017年3月18日 (土)

宇都宮クリテリウム レポート

[3/18宇都宮クリテリウム]

開催地:栃木県宇都宮市清原工業団地15-4


09:50 予選1組(3㎞×5周 15㎞) 吉岡・岸・新城

10:15 予選2組(3㎞×5周 15㎞)  下島・柴田

13:00 決勝(3㎞×20周 60㎞)


 

出走メンバー

・吉岡直哉

・下島将輝

・岸崇仁

・柴田雅之

・新城銀二

(西尾選手は故障調整中)

レーサーリスト

 
 
3月18日、国内ツアーの開幕戦となる宇都宮クリテリウムが宇都宮市清原工業団地で開催されました。2組に分かれた予選を通過した100名のトップレーサーが、1万人の観衆に包まれ熱いレースを繰り広げます。
 
ブラーゼンは、全員が無事予選を通過し、平坦なクリテリウムレースを得意とするスプリンター下島選手をエースに2017シーズンを占う重要な開幕戦に臨みました。
レースは、序盤からいくつかアタックがかかるものの、大きな展開の変化はなく、大集団で進みます。ブラーゼンは、吉岡選手・柴田選手・新城選手が中心となって各チームのアタックに反応します。

 
Ax1t7321
【ここ1年で急激に力を伸ばしてきた新城選手】

©YUKIO MAEDA/M-WAVE

 

この日は、各チームの実力が拮抗していることや、マトリックスパワータグが集団スプリントの展開を望んでいることなどが影響し、ほとんど逃げが許されない、特殊な展開となりました。16周目になると、序盤から前方で献身的に良い動きを見せていた柴田選手が単独で抜け出し、揺さぶりをかけますが、これも大きな動きにはならず集団に吸収。

A21i8466
【加入1年目の柴田選手だが、チームの為に臆することなく積極的な動きを見せる】

©YUKIO MAEDA/M-WAVE

 

スタートから集団は一つで進み、残り10㎞を切るとゴールスプリントへ向けた動きが活発になります。ブラーゼンは、スプリント力のあるエース下島選手のために、岸選手・吉岡選手が前方に位置取ります。残り2周回のホームストレートでは岸選手が吉岡選手を引き連れて先頭に立ちますが、下島選手を上手く後方に従えられず連携に乱れが出てしまいます。


Ax1t6795_2
【ゴールスプリントに向けて隊列を組む吉岡選手・岸選手・下島選手】

©YUKIO MAEDA/M-WAVE
 
 

残り1周回になってもブラーゼンは、上手く隊列を整えられず、最後は完璧なチームワークで発射されたマトリックスパワータグの吉田隼人選手が優勝。
アシストを務めながらも、最後は急きょ自身でスプリントに参加した吉岡選手が、ピュアスプリンターと競り合い、11位でゴールとなりました。
 
 
Ax1t7366

【ピュアスプリンターには惜しくも及ばず吉岡選手が11位でゴール】

©YUKIO MAEDA/M-WAVE
 
 

清水監督のコメント
「今日は逃げが全く決まらない珍しい展開でしたが、後手に回ることもなく、初戦にしてはしっかりと戦えていたかと思います。最後は上手く連携が取れず、また下島選手も調子が良かったわけではなかったようで、満足いく結果を得られませんでしたので、そこは非常に残念です。ただ、全体的に一人一人の動きの感触は悪くないので、平坦系のレースに関しては今後期待が持てると思います。シーズンは長いので1戦1戦、前を向いて戦い続けます」
 
 
8p7a5199

©YUKIO MAEDA/M-WAVE

2017年3月17日 (金)

宇都宮ロードレース レースプレビュー

[3/19宇都宮ロードレース]

開催地:     栃木県宇都宮市大谷町909

レース距離:  パレード走行6㎞+6.4㎞×12周 82.8㎞

スタート時刻:  12:30



出走メンバー

・吉岡直哉

・下島将輝

・岸崇仁

・柴田雅之

・新城銀二

(西尾選手は故障調整中)


大会実施要項

コースマップ

 レーサーリスト 

アクセス情報はこちら→http://www.bicycle-kingdom.jp/

 

初開催となる宇都宮ロードレースは、ジャパンカップのコースを一部使用した6.4㎞を12周回するコース。ゴール地点は最大勾配15%を駆け上がる鶴カントリーの坂。前日の宇都宮クリテリウムとは打って変わって、起伏の激しいコースと登りゴールという設定により、クライマー系の選手にチャンスの大きいコースとなっています。ブラーゼンは吉岡選手が国内トップ選手たちとどこまで戦えるか、またそれを支えるチームがどこまで機能できるかが見どころです!


A21i5628_2

【国内トップレベルの選手に成長したエース吉岡】

©YUKIO MAEDA/M-WAVE




 


2017年3月16日 (木)

宇都宮クリテリウム レースプレビュー

[3/18宇都宮クリテリウム]

開催地:栃木県宇都宮市清原工業団地15-4


09:50 予選1組(3㎞×5周 15㎞) 吉岡・岸・新城

10:15 予選2組(3㎞×5周 15㎞)  下島・柴田

13:00 決勝(3㎞×20周 60㎞)


 

出走メンバー

・吉岡直哉

・下島将輝

・岸崇仁

・柴田雅之

・新城銀二

(西尾選手は故障調整中)

レーサーリスト

 


 

国内ツアーの開幕戦となる宇都宮クリテリウム。コースは清原工業団地を使った特設コースです。クリテリウムらしくオールフラットなコースですが、Uターンを含む多くのコーナーが配されレースのポイントとなります。

例年大集団のスプリントゴールで争われることが多いですが、昨年は逃げ切った少人数の集団での勝負となりました。今季の開幕戦となるレースは、スプリンター下島選手を中心としながらも、あらゆるレース展開に対応するべく、チームの連携が試されます。

 

2017年、新生ブラーゼンの初陣です!応援よろしくお願いします!

 

 

A21i5887

【開幕戦のエースを務める下島選手】

©YUKIO MAEDA/M-WAVE

 




« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »