« JCF チャレンジサイクルロードレース レポート | トップページ | 東日本ロードクラシック群馬大会 Day-1 レポート »

2017年4月19日 (水)

東日本ロードクラシック群馬大会 レースプレビュー 

Jプロツアー第3戦/4戦[東日本ロードクラシック群馬大会]
 

ーDAY1ー
開催日時:4月22日(土)  14:10~
開催地: 群馬サイクルスポーツセンター 6㎞サーキット
レース距離:6㎞×20周回 120㎞
 
ーDAY2ー
開催日時:4月23日(日)  11:50~
開催地: 群馬サイクルスポーツセンター 6㎞サーキット
レース距離:6㎞×22周回 132㎞
 

群馬サイクルスポーツセンター→http://www.gummacsc.com/
群馬県利根郡みなかみ町新巻3853
 
  
出走メンバー  
・吉岡直哉
・下島将輝
・岸崇仁
・柴田雅之
・新城銀二
 
 
 


Ax1t65441
©YUKIO MAEDA/M-WAVE
 
 
春先のJプロツアーの定番となっている群馬サイクルスポーツセンターは、アップダウンが連続する1周6㎞のサーキットを使ったコースです。レース展開を左右するポイントとなるのは勾配8%ほどの通称 ”心臓破りの坂”。1分足らずで登り切る短い登坂ですが、レース後半には選手たちを苦しめることになります。

Ax1t44911
©YUKIO MAEDA/M-WAVE
 
 
レース距離は、初日が120㎞,2日目は132㎞と今シーズンここまでのレースでは最長の距離。
激しいアタック合戦の中から抜け出した小集団でのスプリントになることもあれば、大集団でのゴールスプリントになることもあり、スプリンターにもクライマーにもチャンスがあるレースです。
 
 
エースを務めるのは、昨年優勝目前の2位に入った吉岡選手。
[宇都宮ロードレース]での優勝以降、[ツール・ド・とちぎ]・[チャレンジロード]と悔しいレースが続いていますが、4月に入り各選手調子を上げてきているので、Jプロツアー2連勝にご期待ください!

« JCF チャレンジサイクルロードレース レポート | トップページ | 東日本ロードクラシック群馬大会 Day-1 レポート »