« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月30日 (火)

UCI 2.2 ツール・ド・熊野 レースプレビュー

UCI 2.2 ツール・ド・熊野]

《開催日》61()4()

プロローグ  61()新宮市市田川タイムトライアル 700m個人TT

ステージ1 62()赤木川清流コース 16.3×7周回 114

ステージ2 63()熊野山岳コース  109.3

ステージ3 64()太地半島コース  10㎞×10周回 100

《出場選手》

・吉岡直哉

・下島将輝

・岸崇仁

・西尾勇人

・柴田雅之

・新城銀二

公式サイト→http://www.nspk.net/tdk/

ライブ配信→https://freshlive.tv/cycling

 
 
 

 
■プロローグは、700mの短距離個人タイムトライアル。

一瞬のスピードと直角コーナーでのテクニックが試されます。ブラーゼンは、

昨年このステージで8位に入っている下島選手がステージ優勝を狙います。

 
 
■第1ステージは、赤城川沿いを往復する114㎞のステージ。

直線区間が多いですが、コースの両端には、短い登りと連続の直角コーナーが

配されています。スピード系のコースで、集団ゴールとなることが多いですが、

例年リタイアに追い込まれる選手も多く、気が抜けないステージです。

この日は、下島選手がエースを務め集団スプリントに挑み、個人総合上位を

目指す吉岡選手をタイム差なしでゴールさせることを目指します。

 
 
■第2ステージは、ツール・ド・熊野のクイーンステージ(最も難易度の高い

ステージ)。風光明媚な、丸山千枚田の登りを2回(登坂距離3㎞ほど)と

札立峠(登坂距離6㎞程)で、総合順位が動きます。各登りセクションのあとには、

テクニカルな下りセクションが待っており、登坂力だけでなくテクニックも

重要になります。例年このステージでタイム差をつけた選手が、

個人総合優勝を飾っており、ブラーゼンは、このステージで吉岡選手を先頭集団に

送り込むべく、登坂力のある柴田選手を筆頭に吉岡選手をアシストします。

 
 
■最終第3ステージは、クジラの街・太地町の10㎞×10周のコース。

過去、何度も総合優勝めぐって逆転・再逆転の名勝負が生まれたコースであり、

直角コーナー、山岳ポイントを登り切った後の吹きさらし区間が、

最終日の選手たちを苦しめます。

2015年には、このステージで区間優勝を果たした選手と、

終盤まで逃げ続けたことのある吉岡選手の相性が良く。このステージまでに、

総合成績に絡んでいなければ、区間優勝を狙って走ることになるでしょう。

 
 
いよいよ、6月は、"ホーム戦"[那須塩原クリテリウム/那須ロードレース]や、

[全日本選手権]まど、重要なレースが目白押しとなっています。

怪我からの復帰戦となる西尾選手・5月のトレーニングレースで個人総合優勝を

成し遂げた新城選手など、若手選手の台頭にもご期待ください!

 

 

2017年5月21日 (日)

2day race in 木島平村 第2ステージ

[2day race in 木島平村]
 

開催日:2017年 5月21日(日)
開催地:木島平やまびこの丘公園
長野県下高井郡下高井郡木島平村上木島3278−80

レース距離:3.4㎞×38周回=129.2㎞

《出場選手》
・下島将輝
・岸崇仁
・西尾勇人
・柴田雅之
・新城銀二

 

2day race in 木島平村公式ページ→http://kisomura2days.com/



1日目にステージ2勝を挙げ、総合時間賞・U23・ポイント賞を独占したブラーゼン。

2日目は、同じコースを38周回129.2㎞という前日よりも長いレースとなります。ブラーゼンは、ステージ優勝と新城銀二選手の総合時間賞を守ることを目指しました。
 
レース序盤、10名ほどの逃げが出来ますが、ブラーゼン選手たちはすぐに集団先頭に立ち、その差をコントロール。

1495348463949
【1日目でポイント賞を獲得した西尾選手はグリーンジャージで出走】
 
 
序盤からレースのほとんどをコントロールし、終盤には逃げ集団をキャッチ。最後は柴田選手のアシストをうけて新城選手がゴールスプリントに臨みますが、この日は惜しくも2位に終わります。
 
1495348478938

【集団を牽く西尾選手】   
 

しかし、最も重要な総合時間のリーダーは死守。新城銀二選手が総合優勝・U23賞を獲得しました。

1495348466061

【チーム最年少の新城選手がエースを任され総合優勝を成し遂げた】   


 
 
 
以下、新城銀二選手のコメントです。

 

「今日のレースは129.2kmと昨日よりも距離も長く日差しも強い厳しい戦いとなりました。
今日はステージ優勝と総合優勝を狙いチームのみんなも動いてくれました。序盤に10人ほどの逃げグループができ、それを僕らは見逃し、すぐにメイン集団のコントロールを始めました。終盤に入ると
逃げグループから一人、また一人とドロップしてきて、ラスト4周に入ると先頭をキャッチし、集団のペースは一気に上がりました。最後は柴田さんに最終コーナーまで全力で牽いてもらい、僕もスプリントを開始しましたが、想像以上に伸びなく2位という結果でレースを終えました。レースをコントロールしてくれた先輩方に凄く申し訳ない気持ちです。でも、総合リーダー、U23リーダーを守りきることはできたので最低限のことはできました。総合優勝できたのはチームメイト、スタッフ、ブラーゼンファンのおかげでできたと思っています。ありがとうございました」

1495374562705
 
 
 
チームは、下島選手・柴田選手が5月28日に京都府で行われる[京都美山ロードレース]に参戦し、6月1日、約1か月ぶりとなる公式戦[ツール・ド・熊野]に向かいます。

2017年5月20日 (土)

2day race in 木島平村 第1ステージ

[2day race in 木島平村]
 

開催日:2017年 5月20日(土)
開催地:木島平やまびこの丘公園
長野県下高井郡下高井郡木島平村上木島3278−80


レース距離:ステージ1a 個人タイムトライアル 3.4㎞×2周回=6.8㎞

      ステージ1b ロードレース 3.4㎞×24周回=81.6㎞

《出場選手》
・下島将輝
・岸崇仁
・西尾勇人
・柴田雅之
・新城銀二

 

2day race in 木島平村公式ページ→http://kisomura2days.com/
 
 


[2day race in 木島平村]は、公式戦ではありませんが、6月に控えるビッグレースに向けたトレーニングレースとして、各選手のコンディション確認のため5選手が参戦しました。

2日間・3ステージで争われるステージレース[2day race in 木島平村]は、6.8㎞の個人タイムトライアルで開幕します。

個人タイムトライアルは、ロードレースとは違い、1人ずつ出走し、そのタイムを競うもの。

この個人タイムトライアルは、ブラーゼンが誇るスプリンター下島選手が優勝。短距離のスピードだけでなく、ベースとなる巡航能力も向上している姿を見せてくれました。
 

1495283709912
【個人タイムトライアルで優勝し、リーダージャージを着用する下島選手】

 

 

タイムトライアルの後には、同じコースを24周する81.6㎞のロードレースが行われました。
今回のレースでエースに指名されたのは、新城銀二選手。着実に実力を伸ばしながらも、普段のレースではアシストに回ることが多い脚質の新城選手ですが、この日はエースを任され、チームメイトのアシストを受けて見事優勝を飾り、「総合時間賞」「U23賞」でトップに立ちました。
更に、故障からの復帰戦となる西尾勇人選手は、新城選手をアシストしながら「ポイント賞」を獲得。3種類のリーダージャージをブラーゼンが独占しています。

 
 
以下、新城選手からのレポートです。
 

「今回の2days race in木島平は僕がエースで総合優勝を狙う作戦で走らせてもらいました。コースを2周する6.8kmのTTではコーナーを安全に直線、上りで攻める走りで総合優勝が見える位置で終えることが出来ました。3時からスタートしたコースを24周する81.6kmのロードレースでは、序盤に下島選手・西尾選手を含めた10人ほどの逃げグループが出来たので、その逃げグループに乗るべく他の選手をうまく使いながら、ブリッヂすることに成功しました。このグループが勝ち逃げとなり一緒に逃げてた2人のアシストを受けながらボーナスタイム、ステージ優勝を取ることが出来ました。結果、リーダージャージ、U23賞のホワイトジャージを獲得することが出来ました。今日はチームメイト、スタッフ、応援してくれるファンのみなさんのおかげで勝つことが出来ました。感謝します。明日は長丁場の戦いになりますが、総合リーダーを守って総合優勝できるように頑張ります」
 
 
1495283816121
【総合リーダーの証である黄色ジャージに袖を通す新城選手】
 
 
1495283827836_2
【総合時間と同時にU23賞も獲得】
 
  
 
1495283822203
【復帰戦の西尾選手はポイント賞を獲得】
 
 

 

2日目は、同じコースを38周回する129.2㎞。

新城選手の総合リーダーを守るべく、チーム一丸となって戦います。

1495283693099

2017年5月17日 (水)

5月レース情報

■[ツアー・オブ・ジャパン]
開催日:2017年 5月21日(日)~28日(日)
開催地:
第1ステージ 5月21日(日)大阪府堺市
第2ステージ 5月22日(月)京都府京田辺市
第3ステージ 5月23日(火)三重県いなべ市
第4ステージ 5月24日(水)岐阜県美濃市
第5ステージ 5月25日(木)長野県飯田市
第6ステージ 5月26日(金)静岡県駿東郡
第7ステージ 5月27日(土)静岡県伊豆市
第8ステージ 5月28日(日)東京都品川区

《出場選手》
・吉岡直哉

ツアー・オブ・ジャパン公式ページ→http://www.toj.co.jp/
ライブストリーミング→https://freshlive.tv/cycling

■[2day race in 木島平村]
開催日:2017年 5月20日(土)~5月21日(日)
開催地:木島平やまびこの丘公園
長野県下高井郡下高井郡木島平村上木島3278−80

《出場選手》
・下島将輝
・岸崇仁
・西尾勇人
・柴田雅之
・新城銀二

2day race in 木島平村公式ページ→http://kisomura2days.com/

--------------------------------------------------------------------------------------

チームは今週末から、[ツアー・オブ・ジャパン]に吉岡選手が参戦し、他5選手がトレーニングレースとして[2day race in 木島平村]に参戦いたします。

[ツアー・オブ・ジャパン]は8日間、総走行距離743.75㎞で争われる日本最高峰のステージレースです。吉岡選手は日本ナショナルチームの中心選手として、日本とブラーゼンを代表して世界の強豪選手に挑みます。
 

A21i23611
PHOTO:YUKIO MAEDA/M-WAVE
 

 

[2day race in 木島平村]は、公式戦ではありませんが、6月に控えるビッグレースに向けたトレーニングレースとして、各選手のコンディション確認のため5選手が参戦します。

[東日本ロードクラシック群馬大会]以来のレースとなりますが、今週もブラーゼンへの応援をよろしくお願いします!
 

A21i32021

PHOTO:YUKIO MAEDA/M-WAVE

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »