« 那須クリテリウムを終えて | トップページ | まつりつくばとTwitter »

2017年6月12日 (月)

那須ロードレース

那須ロードレース

当日の朝、心配してた前日の落車での怪我の状態は悪化しておらず、自走で合宿所から会場まで30分ほど走りながら、最後にスプリントできるイメージが湧いてくる。
スタート前、もしスプリントになりそうな展開なら近くで位置取りをしてほしいと自らチームメイトに伝えました。

レースは吉岡さんと勝ち逃げに入り、そこに数名追いついてきて結局20名ほどの先頭集団になります。勝負はこの中に絞られる最高の展開でした。

その中で吉岡さんが僕の脚を溜めるよう動いてくれました。しかし、残り距離が短くなってくるとスプリントに持ち込みたくないチームの登りでのアタックの応酬に少しずつ脚を削られていきます。それまで気持ちに余裕を持って走っていましたが、ラスト2周ぐらいから少しずつ脚が痙攣しはじめキツくなっていきます。

声援に助けられなんとか耐え凌ぎ、残ったゴール前の坂。
吉岡さんがブリヂストントレインの真後ろに運んでくれる最高の動きをしてくれました。

しかし、ラストのスプリントを目の前にして脚がつって動かせなくなり、スプリントできませんでした。

何度も下見をして最後のスプリントをイメージしたコース。沿道の大声援、最高のアシストを受けたものの、もがくことはできず

12位でした。

スプリンターとして仕事を最後まで果たせなかったことで、吉岡さんが勝利を狙うチャンスを奪い、チームの勝利も逃しました。


大事なホーム戦、何も残せませんでした。


前日の落車で壊れた自転車を、嫌な顔せず早急にそして完璧に組み替えてくれた郡司メカニック。
クリテが落車で一瞬で終わり、ショックで切り替えられない自分を前に進めてくれた岩井マネージャー。
前日のミーティング、怪我をしたにも関わらずスプリントになれば狙ってほしいと言ってくれた清水監督。
そしてそれに協力してくれたチームメイト。

この最高のチームのために、僕はこれから数多くのことを犠牲にしてでも必ず貢献しなければなりません。
今回の敗戦と最後のあの瞬間を忘れてはいけません。



那須でのホーム戦は、多くの声援に背中を押された2日間でした。
そして沢山の応援の中、走れたことは選手として1番幸せな時間でした。
ご声援ありがとうございました。

大会運営にご尽力いただいた、役員の方々とチームのスタッフの方々、ボランティアの方々
朝早くから夜遅くまで急な悪天候もある大変な中、ありがとうございました。

チームを支えていただいている
スポンサー様、サプライヤー様、ファンの皆様いつもありがとうございます。

次戦以降、走りで取り返せるよう日々精進していきます。

下島将輝

« 那須クリテリウムを終えて | トップページ | まつりつくばとTwitter »

コメント

絶対絶対絶対勝てるよ。
陰ながら応援してます:)

大丈夫、頑張れ👊😆🎵

レース観戦楽しかったです。隣の園児がうちわを振りながら『ましゃ~』って応援してましたが、車輪の音とスピードでとても下島君まで届くのは難しい感じでした。サクソバンク着たお父さんが次は届くようにと、はるか遠くに見えたところで、『ほら、来た早く!!』と声かけしたりで、周回を楽しんでました。サポーターもあたたかいです。(*^^*)
プロって凄いと思います。次のレースもすぐにあるんだし、いくらでもチャレンジしてください。みんなで勝利を祝いましょう❗ブラーゼンは、愛されてます。選手が、がむしゃらに頑張る姿に声援を送り、サポーターは、感動を頂いてます。あなたは、自分の走りを掴んでください。ブラーゼンでいる限り、どこまでも応援します。o(^-^o)(o^-^)o

悔しさをパワーに代えて前へ進みましょう!みんな信じてます。貴方が必ず勝つ事を!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 那須クリテリウムを終えて | トップページ | まつりつくばとTwitter »