2017年9月 9日 (土)

ツールド北海道

昨年総合6位という結果に終わったツールド北海道も昨日で僕はレースを降りました。

今は新幹線で那須に向かってます。



第一ステージ、終盤に差し掛かる時に大きな木片にぶつかった選手が落車?したようで、自分は直前で停止したのですが、後ろからものすごい勢いで突っ込まれ、自転車ごと宙をまいました。
膝を強打し、落車直後、これはまずい痛さだと思うも、今まで積み上げてきたもの、北海道にかなり照準を絞って練習していたため、ここでやめるのは全て積み上げてきたものが崩れ去る事を意味すると思いました。
諦められず無理やり自転車に乗りました。
走ってる途中、どんどん膝の色が変わってくるし痛いしで地獄の時間やったけど、、、
なんとかカーペーサーも使い集団に登り手前でおいついたものの、左脚で踏めないため、また、無理やり踏むと激痛が走るため、頂上手前で集団からおくれました。

まだ諦められず、なんども救護車からコールドスプレーをかりて走りました。

なんとかゴールし、そのまま病院に行きました。
レントゲンの結果骨に異常はなかったものの酷い打撲のため監督と話し合った結果、今日はDNSという事になりました。
無理して、痛み止めやらして走れば走れなくはなかったかもしれません。
しかし選手の仕事をすることはできなかった可能性が高かったです。

ただ、レースを走るだけが選手の仕事ではない。

と、監督に言われ、この現実を直視しきれていなかった僕はすこし冷静になり、僕自身もレースを降りる事を決めました。


逃げに乗ってくれた岸、岸もおそらく最高の展開を予想していたはず。僕もそう思い、走っていた。
僕自身今日、明日と楽しみでしかたがなかった。
だけど函館山に辿りつくことはなかった。

朝、監督に車で送ってもらう時に函館山が見えて、たまらなく苦しくなった。


本当に申し訳無い気持ちでいっぱい。
落車に巻き込まれた直後はいつも、なんでやねん!て気持ちやけど、やはりそこにいる自分が悪いし、こける僕が悪い。落車した選手も後ろから突っ込んできた選手もせめるべきではないし、これから気をつけていこうと思う。

ギンジも同じ落車に巻き込まれてしまい、鎖骨を折ってしまいしばらく戦線離脱。
なんとか乗り越えて欲しいし、今のギンジなら大丈夫なはず!

まあ迷惑ばっかかけてるし、うん。
やったるから安心してくれ!!
気持ちは切り替わってますからね!




2017年8月21日 (月)

那須岳通いの成果?

もう3度目のやいた 八方ヶ原ヒルクライム。

1回目は45分19秒 昨年、40分21秒。

今年は照準合わせてやってきました。
8月にレースがないため、ちゃんと走れているかわからない現在の状態を確かめるためもあり、完全レース仕様で走りました。

昨夜も早めに就寝し、5時起き。
朝食は軽め、最低限といった感じ。

ちなみに前日は回復日。
バブルボールで若干体筋肉痛はナイショ。






会場に着き、かなりガチモードと悟られないように平静を装いつつ、しっかりレースと同じルーティンを刻む。オキシーショットキャップ3杯を飲み、ボトルにもオキシーショット3杯のみいれた。この日、暑ければ違う選択肢、水にオキシーショットを溶かしたものか、メイタンの電解質であっただろうが、気温も低かったため、この判断をとった。気づけばスタート2分前。

吉岡選手〜と呼ばれている事に気付き急いでパレード地点に向かう。

パレードをアップがてらに軽いギアで回す。

いざスタート前。
物凄い尿意。

やばい、、、

だが時既に遅し。

そのままスタート。
やばかったら全てを受け入れ、川に入って来たんです!という事にしよう。
だがアンモニア臭はかくせないぞ!?
とか考えてるうちにスタート。

スタートすると尿意はマシになり、集中して走ることができた。良かった良かった。

序盤、自分を捲っていく選手を横目に一定ペースで走る。

すぐに一人旅になったが、自分の走りに集中できた。

前半抑え気味といっても明らかに普段より踏めてる。

昨年は前半飛ばしすぎたが、同じくらいのペースで余裕をもってはしれていた。

距離とタイムを計算しながら走り続け、ラスト2キロ看板でかなり40分切りへの希望が見えて来た事を知る。

まだいけるぜ!

すこし早いがペースを上げる。



ラスト1キロ当たりで一瞬止まりかける。

つら。

我慢や我慢やと言い聞かしながらラスト500から再度もがく。

200メートル。

勾配きつい辛い。

一番辛いとこだが足が止まる。

あと200メートルでしょ?

いや、200メートルが踏めない笑

なんとか踏ん張りゴールし、メーターをとめた。




おお(°▽°)

40分きれたで!
そして迫り来る尿意。
すぐにトイレに駆け込みました。

調子は上がってるみたいで良かった良かった。

これで41分とかやったらガクーンて落ち込んでたやろなあ。。。


一番は前夜祭の夜クライムでの増田さんのアドバイスですね^ ^

来年は皆さん前夜祭もきてくださいね!
タイム縮まるからな!


2017年8月13日 (日)

赤はとまれや。

練習の帰り道、西大路通りを下ってると北野白梅町の手前の信号で

ある自転車に乗った親子。
親父さんが前を走り、息子さんが小さな自転車で一生懸命キコキコこいでいる。
横断歩道手前。

しかし、信号は点滅している。

信号は赤に変わる寸前。


迷いなく急いで渡る親父さん。横断歩道の真ん中ですでに赤。

危ないぞ?

ここで危惧したのは無理やり親父さんに子供が赤でついていって黄色信号で突っ込んでくる車に轢かれる危険性。
黄色信号だから車も本来ならば止まる必要があるが、変わった寸前ならば止まらず逆にスピードあげて走り抜ける人がいる。

幸い車は来てなかったが、危ないと思い思わず声をかけかけたが、子供はしっかり止まっていた。

更に親父さんははよ来いみたいに手を招く。

アホか。
苛立ちがわいたが、だがしかし、

子供はいかない。

そして親父さんに一言。

赤やから渡ったらあかんで。
と。



信号かわりすぐに僕もそのまま堀川通りまで下ったが、走ってる最中も変にこの話が気になった。

親の教育は勿論やけど、自分達が行なっている自転車教室の意義はやはり大きなものではないかと感じた。

もしかしたら
偶然
不意に

何が起こるかわからないから

何が良くて何がダメなのか。

ちゃんと学ばないとあかんし、僕らも活動している以上、しっかりと教えなければいけない。


赤で止まる。
何も凄い事じゃないし、普通の事。

だけどできない人おおいわな。

皆さんちゃんとできてますか?





嵐山

2017年8月 7日 (月)

ほんまかいな。そうかいな。

冗談だと思ってた。


嘘だと思ってた。


まさか


製品化されるなんて


商品みたとき

(´⊙ω⊙`)

の顔になってた。


笑笑笑











ちなみにもうさっそく予約入ってますから。

ちなみにアルパカですから。

は?ってのは禁止やで?

買い物バックにもええんちゃうかな?


予約お待ちしております!!(*゚▽゚*)

2017年7月31日 (月)

前半戦終わったからバカンスや。なんてことはない。

前半戦終えました。

昨日は悔しさのあまり涙しながら寝ました。



前半戦結果としては優勝一回。2位一回。Jプロツアー実業団ランキング3位。(最後の最後でイリベ選手に抜かれ1ポイント差での3位(-.-;) )チームランキング4位です。

昨年のブラーゼンと比べると、人数が減ったにも関わらず、明らかに成績は良いです。
チーム減ったのはありますがそれを差し引いても悪くはないと感じています。
そして、チームとしての走り方も良くなってきています。
特に合宿明けの宇都宮ロードでは皆一様に仕上がってきていたこともあり、完璧にみんなが一つになっての結果。皆様のご声援、チームのみんなの負けるか!って言う底力、そして、僕の最後のがんばり(´∀`)笑
があっての勝利でした。

2勝こそできなかったものの、他チームより明らかに無名選手も多く、数的不利もあり、どこぞの誰かさんに、ブラーゼン今年はダメかもね。なんか言われてた、そのブラーゼンはおそらく一般的な予想を上回った結果は残したと思っています。
でもまだダメ。
プロにまだなりきれていない。
一つの階段は上がれたけど4月以降新たな階段は誰も登れていない。

もう残りレースの方が少ないですが、やっと下島もクリテリウムで一桁はいる力を戻してくれたし、岸もなんやかんや自分が勝負どころでいなければ勝負できるし、コースによってはエースやし、柴田もヒルクライムに関しては上々。天才?西尾もやっと戻ってきてくれた感じがある。銀次も広島後に一つ成長したし、、アタックしてくれるし頼もしい。
俺だけが、、、
もしかしたら成長してないのかもしれないってくらい本当にみんなが頼もしい。

次は北海道。

昨年の悔しさ。

矢板ロードの悔しさそのままぶつけたいと思います。

さあ

そろそろ

の ぼ せ そ う

お風呂からあがろう(´-`)

温泉の素を鯉に餌あげる気分になりながら湯に撒く吉岡でした。

それでは後半まで少し空きますが。

お楽しみに。

このチームでもう一回勝ちます。




(*゚▽゚*)
イタ!

2017年7月28日 (金)

前半戦最後。

最近、マッドマックスのマックスのカッコをしたいと思うもメルギブソンやないからカッコよくはならないと自己完結に至った吉岡です。

水曜日のチーム練が前半戦最後の高強度練習となったわけやけど。

久々にオロオロしてしもた。。。

インターバル練習前から終わった時のこと考えてたけどここまで苦しくなるとは。。

酸欠に追い込まれ、Mt.コテヤの下でついに動けなくなり、チームカー回収され、休憩場所のコンビニまで行くはめに。

頭動かすと貧血みたくフラフラするし、目の焦点全然合わないし、、なんか若干手足痺れてるくね??

車に回収された現実もあまりわかっていないような状態でしたが、ただ一つ。本能的に欲してたものが。

酸素!!!

深呼吸やらするがなかなか戻ってこない。

まだメニューも残ってる笑
回復させないと!

するとふと、後部座席の保冷バッグに例のアレが入っていた事を思い出す。。

あ!あるやん!







オキシーショットが!!!
飲む版酸素カプセルと言うべき製品。



すかさず監督にお願いし、(自分ではとれない)キャップ3杯ほど飲み干した。

コンビニまで数分だったけど、着く頃にはだいぶマシになってきており、さっきまで、もうこのまま車帰宅かと思ってた現実からは一転してました。

やはり強い味方だ。オキシーショット。


練習で気持ち悪くなるくらいもがいて練習して。
でも勝てるかはわからないし、勝てない確率の方がダントツ高い。

でも練習しないとそもそも勝つ確率なんてあがらないし勝てないとも思う。
僕は天才ではないから練習する。練習して不安を誤魔化してるのかもしれないけど、追い込める時はしっかり追い込んでく。
ただ、いつも、勝てるかわからないってのは考えてしまうことではある。
いつもレース前は高揚感と不安が入り混じった不思議な気持ちや。

明日は前半戦最後の2連戦。

勝ちたいなあ。

ではだめ。

勝つ。

自信を持って前半戦出し切ってきます。

応援よろしくお願いします。



2017年7月22日 (土)

クライマーになりたいな

優勝、表彰台をのがしてはいるものの、長い距離のヒルクライム自体があまり得意ではない自分にとって、今日の5位はわりと良い感触ではあります。
正直な話、むしろ明日からの自信につながった。
うん。悔しさはそらあるけれど。



レース始まってすぐの序盤の4名の抜け出しについて行くと、後半終わってしまうと思い、マイペースで追いつくことに望みをかけ登りました。

途中で抜け出し、4名の追走集団に。ほぼ先頭固定で前を追いましたが、流石にきつくなってきて、少しローテーション回し、諦めず追いましたが、差は開くいっぽう。。。
前に雨ちゃんがいるので、あまり脚を使わず後ろで休むことができていた飯野さんが途中でギアをアウターにガチャコンいれ、アタックした時はさすがに完全に心がやられかけましたが、なんとか頂上付近までくらいつきました。
3位、田窪選手が見えてきて、もしや!?と思ったのも束の間、前半からのダメージがやはりありかなりキツイ状態。。。
そこからさらに飯野さんのペースアップにはついていけず、なんとか湊選手を振り切り5位。

前半、ほぼ先頭固定でかなり自分にとってはよいペースで走れた。今週、那須岳2本TT行い、泣けるくらいかなり酷いタイム、パワー数値でどうなることかと思ったけど、今週のTT練習より30Wは高い数値で走れたのは想定外。
ていうか、時間でのベストパワー数値。。。笑

柴田も一桁のようで、やっと登りのポテンシャルを発揮できたみたいでよかった。

明日はクリテリウム。

ブラーゼン2勝目いくで!


2017年7月16日 (日)

雨ちゃんおめでとう!! だがしかし次はやで

雨ちゃんおめでとう。

ブラーゼンとしては悔しい結果で自分としてもめっちゃくちゃ悔しい訳やけど。
チームとしてやっと動けてきた感じがある。
それは収穫。
自分のミスは、、、うん。途中、完全に自分のミスで先頭から遅れてしまい、その差を詰める為完全なる無駄足を使った事。。。これで全ての脚を使ってしまい最後の勝負に絡むどころではなくなったこと、、、
本当にチームに申し訳ないミスだった。
もうやらん。こんなミスは。
きりかえや。

来週はヒルクライムにクリテリウム。
ヒルクライム、、、
全力でだしきろう!!!

クリテリウム。
去年の下島のゴール後の悔しそうな表情を覚えている。

8月まであと4レース。

2勝目目指し頑張ります。

次勝って赤いチームより先に2勝目してやるぜ!!!

今日やはり感じたのはチームでないと勝てないこと。
宇都宮はチームで勝てた。
またチームで勝とう。

今は明日のイベントの為に南会津!
はしってみっぺ 南会津も3回目!

今から前夜祭楽しんできます!!













2017年7月10日 (月)

那須高原ロングライドは熱い暑い戦いであった。

那須高原ロングライドが無事に終わりました。

前夜祭ではブリッツェン譲さんとの絵描き対決で逆転勝利を果たしたのは記憶に新しい、、、笑(譲さん、すみませんでした、、、)




ちなみに某番組の絵心無い芸人に負けず劣らずな絵を披露してしまった時は恥ずかしすぎましたが、那須どうぶつ王国のスペクタクル鈴木さんによる“公平“な笑!ジャッジの結果、勝利を収め少し救われました。
これで負けてたら、、、(-.-;)y
譲さんのアルパカめちゃかわですね!


ロングライドも今年で3回目。
前夜祭は過去最高に盛り上がっていたのではないかなと思いました。


ロングライドは朝早かったですが、初めて走った75キロコースはいつも練習では通らない道も走り、刺激がありたのしかったです。
コテヤ山後のエイドステーションの焼きそばにコーラにアイスクリームが絶妙なうまさだった。。
ブラーゼンのマッサー、タスクさんも参戦していましたが、エイドステーションには毎回毎回ボロボロの状態で辿り着いていはりましたね



最初の坂で歩いてたトコ撮ってしまいましたよ笑



来年はタスクさん100キロ行きましょ!!



今週末の石川から連戦。

気合い入れ直し頑張りますわ!

2017年7月 2日 (日)

ジェームス ディーンはそう 立ちふさがる白い壁に ただ1人 命を燃やしたよ

永ちゃんですね。

全日本での落車の影響で脳震盪も起こしていたため練習もほとんどできず、喉あたりを強打したためごはんを食べるのが辛く飲み物も飲むのが辛く(これがほんまに辛かった、、、)
ほんまにレース走れるんかいなあ状態でしたが、青森に置いてきたものを取り戻したい気持ちが強く、出発前日の昼過ぎに監督に行きますと告げました。

11時間程の移動も FIRST TAXIさんのおかげで快適に広島までこれた。いつも本当にありがたいばかりです。


レース内容はブラーゼンのレースレポートの通りです。

結果としては土曜日6位。
今日は2位でした。

2位。宇都宮ロード以来の表彰台ですが、何のこれっぽっちの嬉しさもなく悔しい気持ちしかなかった。
正直、おめでとうと言われる度に悔しさが込み上げてきた。

一度勝つとそんなもん。
去年の自分ならそこそこ喜んでたかも知れないけど。

2位には何の価値もない事を知ってしまったからか、全く喜べなくなっている自分がいました。

悔しい。

ただそれだけです。

怪我してたから、、、

とかタラレバさえも浮かんでこなかった。


怪我する人間が悪いし、レースの土俵に立った時点でそんなもの関係ないし、怪我が、、、なんて弱い奴が言う常套句でしかない。

ハンドルを叩いて悔しがってしまった左手が痛む。
ごめんよボーマ。

来週は僕らのまち、那須町で開催される那須ロングライドです。
楽しいイベント。
束の間の休息でしょうかね。
1週間はリラックスしながら練習も強度あげていこうと思います。

再来週から石川、大田原、矢板と近場でレースです。

結果だしたいね。

今日応援してくださった皆様、ありがとうございました。
2日間、積極的な動きはできたと思います。
これは自分の持ち味でもあるので、この感覚を忘れず前半最後頑張ります!!







«TTはあかんかった。残るはロードしかあらへん。